没着実に上昇 紫竹ハイテクゾーンの全国総合ランキングは8年間「7回連続ジャンプ」を達成
2020-01-16 387

最近、科学技術省のトーチセンターが公式に「国家ハイテクゾーン評価の結果の報告に関する通知(試験)」を発行しました。紫竹ハイテクゾーンは、2019年に全国の169のハイテクゾーンで12位にランクされ、2018年の総合ランキングよりも1位高くなって、8年間で「7回の連続ジャンプ」を達成した。

2012年、紫竹ハイテクゾーンが国家ハイテクゾーン評価システムに含まれて以来、その総合評価ランキングは年々上昇し続いていた。

2012年 28位

2013年 24位

2014年 18位

2015年 17位

2016年 16位

2017年 14位

2018年 13位

2019年 12位

国家ハイテクゾーン評価システムは、知識の創造と技術革新能力(30%)、産業アップグレードおよび構造最適化機能(30%)、国際化とグローバル競争への参加能力(20%)、ハイテクゾーンの持続可能な開発能力(20%)など4つのモジュール、合計40の統計指標(32の定量指標と8つの定性指標を含む)で構成されてる。この評価は、2018年の統計データと2018年のハイテクゾーンの開発現状に基づいていた。

2019年の全国ハイテクゾーン評価の各シングルランキングには、紫竹は知識の創造と技術革新の能力で12位、産業のアップグレードと構造最適化の能力で10位、国際化とグローバル競争力への参加で22位、ハイテクゾーンの持続可能な開発能力は11位だった。評価ガイドは、パークが人材構造の最適化、ハイエンドおよび多国籍の人材の収集、技術市場活動、技術サービスの輸出能力、産業価値の創造と企業の収益性、およびサービス産業の発展の面で傑出したパフォーマンスを持っていることを示した。

紫竹の骆山鹰副社長は、18年間の開発と建設の実績に基づいており、紫竹はさらに発展し続ける高品質なビジネス環境を探求し、大手テクノロジー企業の育成、企業の上場と資金調達などに力を入れ、全国総合ランキングの着実な上昇に努めると発表した。その同時に、他社と互いに成功事例を学び、経験の交換、リソース共有、高品質な開発を促進していこうと発表した。