上海闵行紫竹ハイテク産業開発区商工会(以下「紫竹商工会」と呼ぶ)は、紫竹国家ハイテクゾーン内のさまざまな企業や機関で構成されるコミュニティ組織である。 紫竹商工会の英語略名は紫竹 CHAMBER OF COMMERCEで、英語の略語:ZCC。

紫竹商工会(元:対外事務所)は、 2006年10月、紫竹ハイテクゾーンは、企業サービスを強化するために、「良いビジネス、有利なビジネス、安定ビジネス、セキュリティビジネス、サポートビジネス」環境を作り、「プラチナ産業サービスプロバイダー」システムを構築する。入園企業に「5つ星サービス」を提供するために、対外事務所を廃止することを決定し、その代わり、紫竹商工会議所を設立した。標準化運営を目指し、紫竹商工会は2010年3月に上海闵行区民政局に登録され、独立法人となり、社会登録管理機関の監督と指導を受け入れることである。

上海紫竹高新技術産業開発区商会は、中華人民共和国の法律、法規と政策に基づき、高新区内会員企業の交流と合作を促進し、法律によって会員の合法的権益を維持して、会員の意見と要求を伝達し、高新区内の企業に優れた品質を持つ仕事と運営環境を提供することを目指す。

現在、紫竹商工会には会長(紫竹国家ハイテクゾーン常務副総経理が兼任)、常勤の常務副会長が設置される。常設機関は事務局であり、常勤の事務局長が1人、事務局長が1人、常勤のスタッフが2人と設置される。

紫竹商工会は設立以来、常に「革新、調整、コミュニケーション、交換、統合、架け橋、絆」との仕事理念を持ち、ハイテクゾーンの企業のために問題を解決し、サービスを提供する。紫竹商工会の仕事はハイテクゾーンの企業の健全で迅速な発展を保証している。

ハイテクゾーンで調和のとれた文化構築を促進し、調和のとれたハイテクゾーンを構築するために、紫竹商工会は合コン、スポーツ、文化など一連の活動を展開し、商工会の結同心性と凝集性を強化している。


紫竹商工会の主要機能

  1. 高新区商会は対外の窓口として、高新区内の企業とのコミュニケーションや調和的任務及びサービスを担当し、架け橋と紐帯の作用を発揮する。
  2. 企業間のコミュニケーションと理解と協力を強化するために、会員企業の管理層の間に定期的に交流活動や、「企業に立ち入る」シリー活動などを展開する。企業とハイテクゾーン間のリンクを確保させ、ハイテクゾーンの開発計画について議論するために、メンバー企業の定期的な会議を開催する。
  3. 会員企業の意見と要求を求め、会員企業の運営中に援助を求める問題に対して協力と諮問サービスを提供する。
  4. 企業との日常連絡を維持し、企業のダイナミクスを収集して把握し、ハイテクゾーンリーダーの意思決定のために参照資料を提供する。
  5. 国際サイエンスパーク協会(IASP)、上海国際商工会、上海開発区協会、闵行区商工連盟などの国内外関連機構が主催のイベントに参加し、これらの組織とのコミュニケーションと連絡を維持し、会員企業が開発できるビジネスチャンスを見つけるのをサポートする。
  6. 会員企業を組織し、国内外的展示会、セミナー、女子学生会、研修会、交流会などに参加してもらい、会員企業にビジネス情報、法律アドバイス、商業サービスを提供する。
  7. ハイテクゾーン周辺の大学、小中学校、会員企業間の協力を促進し、ハイテクゾーン、コミュニティ、学区の連携を促進する。
  8. 会員企業の会員を対象とした各種のクラブを設立し、起業家や企業の従業員に全面的なケアを提供するための定期的な活動を展開する。
  9. ハイテクゾーンで長距離ランニングコンテスト、「紫竹の縁」シリーズの若者合コン活動、写真コンテスト、「達人ショー」などの文化類、スポーツ類活動を主催する。
  10. 会員企業に付加価値のあるサービスと安全指導を提供するために、「紫竹国家ハイテク区企業試験(計器)機器共有サービスマニュアル」、「紫竹国家ハイテク区企業実験室共有サービスマニュアル」、「紫竹国家ハイテク区有害化学物質使用ガイド」などを編集して発行する。
  11. 紫竹国家ハイテクゾーンの投資環境と投資方針を紹介し、投資を促進する。