紫竹高新区を訪れ、龔正は期待を指示
2020-07-03 409

2020年7月2日、市委副書記・代理市長龔正が、上海交通大学、華東師範大学、上海紫竹ハイテクパークを訪れた。その間、龔市長は大学、高新区と都市開発との関係が密接に関連していると指摘した同時に、みんなは習近平新時代中国特色社会主義イデオロギーの指導のもとに、上海と共鳴し、国家戦略の実施を加速させ、技術革新と達成変革を促進し、一流の人材を積極的に集めて育成して、上海を革新型都市、文化都市及び生態都市に建設しようと期待した。陳群副市長、上海交通大学の楊振斌党委書記、林忠欽校長方々が同行した。

紫竹ハイテクパークは民間企業が開発した国家レベルのハイテクパークとして、中国全土で唯一無二的な存在である。今年1-5月の間、税収が勢いに逆らって増加してきた。龔正は、紫竹が是非その利点を引き続き活用させ、新機会を開拓して、新しい道を切り開こうと励ましてくれた。

その後、龔正御一行はコカ・コーラ上海社に訪れ、原液工場を見学した。また、上海はもっと積極的により良い環境を作り、さまざまな企業のより大きな発展を促進しようと誓った。