閔行区第一湖  新生態ランドマーク 蘭香湖竣工引水式が行われた
2020-06-30 422

2020年6月30日午前、蘭香湖の現場では色とりどりの旗が翻り、蘭香湖の竣工引水式がここで行われた。現場は至るところに「活力紫竹水岸、知恵閔行浜江」「魅力蘭香湖、品質新生活」と書かれた道旗が見られ、この「閔行第一湖、生態新ランドマーク」の無限風景を展示している。

上海交通大学校長林忠欽、華東師範大学党委員会書記梅兵、閔行区副区長汪向陽、紫竹高新区理事長兼総経理沈雯が出席した。閔行区各関連部門、街鎮の各指導者、紫竹ハイテクパークの企業代表者が出席した。

祝砲と楽曲の中で、参加者の証言のもと、滔々と黄浦江水が蘭香湖に導入された。紫竹ハイテクパーク常務副総経理の夏光が式を司会し、歓迎の辞を述べた。これまで紫竹ハイテクパークの開発建設に関心と支持を与えてくれた皆様に感謝の意を表した。

紫竹ハイテクパークは一貫して「生態、人文、科学技術」の発展理念を堅持し、閔行バンドの岸線に豊かにするため、住みやすい科学技術城を作るため、2018年9月3日,蘭香湖を建て始めた。

蘭香湖は紫竹半島の核心区域にある。敷地面積は40万平方メートルで、“鍵形”湖体は黄浦江の角から奥行き1キロのところにあり、浦江の第一カーブの濱江生態通路の延展性と開放性を大幅に拡大した。都市の新しい生活スタイルを開く鍵の寓意がある。

蘭香湖は約37万平米、周りの緑は約8.3万平米。4キロ近くの岸線に、商店町、星月歩道、文化芸術廊下、漕艇クラブ、蘭香湖親子ホテルと陽光楽園、青少年活動センターなどの十数の景観が並び、人類と自然、園区とコミュニティ、校区との優しい結合を体現している。

各テーマエリアにはそれぞれの設計要素が溶け込み、花段坂道、展望台、親水歩道、快動舞台、景石彫刻、臨水駅などなど。漕艇、カヌー、竜舟、ヨットなど多様な水上スポーツが子供、お年寄り、住民、研究開発者、創業者、大学生などの人々にレジャーの要望を満たされてる。

今年9月末に工事が完成する予定。完成後の蘭香湖は閔行区第一湖となり、浦江第一湾の大切な生態ノードとなる。

閔行区委員会、区政府の指導で、上海交通大学と華東師範大学の支持のもとで、紫竹ハイテクパークは引き続き産城融合型生態システムを構築して、上海に輝かしくしていく。