ダンケマンションは米NYSEに上場 紫竹ハイテクパークは市価が100億超えた上場企業を迎え
2020-01-20 371

米国東部標準時2020年1月17日午前、本部が紫竹ハイテクパークにあるダンケマンション(NYSE:DNK)は上場した。当社は2020年NYSEに上場した一番目の中国系企業で、又は今まで規模が一番大きい賃貸マンション分野の上場会社である。発行価格によって、引受商は多額の配給権を行使した後、ダンケマンションの市価は27.4億ドル(約188億元の人民元)を超えた。そのわけ、紫竹ハイテクパークは初めて市価が100億を超えた上場企業を迎えた。

2015年設立されたダンケマンションは科学技術を開発しながら活用し、若者に高品質的な賃貸生活を提供するのに力を入れてる。ネットを通じ、賃貸マンションを運営するブランドとして、ダンケマンションは「より良い生活」を使命に、革新的な賃貸モデルで、大家さんと顧客をつながり、賃貸方案を提供してる。

2019年11月30日まで、ダンケマンションはすでに全国13ケ省に進出し、43.27万軒マンションを運営している。業界権威機関の報告によると、ダンケマンションは中国シェアハウスの分野で影響力が一番高い。

ダンケマンションの上場は住宅賃貸分野が新たな発展時期を迎えることを掲示した。ビッグデータとインターネットを通じて、ダンケマンションは住宅賃貸市場の運営モデルを改善しながら、住宅の利用率の向上、賃貸供給の増加、賃貸宿泊体験を改善するのに積極的な役割を果たしている。

ダンケマンションは紫竹ハイテクパークに入居した理由は紫竹の効率的な運営体制、完備された革新創業システム、企業に対する応援力、先端技術産業生態、及び「プラチナ」産業サービス体系などを認めるからだ。その代わりに、紫竹ハイテクパークはずっとダンケマンションの成長と発展に関心を持ってる。

ここ数年以来、紫竹ハイテクパークは入居企業の上場活動に重視し続いてる。2018年触宝科技がNewYPEに上場し、2019年易恒健康がナスダックに上場した後、2020年紫竹ハイテクパークはまた市価が100億超えた上場企業を迎えた。

それをきっかけ、紫竹ハイテクパークはより高品質的な発展を推進し、より多くの入居企業が国際資本市場に進出させるように努力する。これからも絶えずに上場生態を最適化し、より多くの企業が新たな発展を求めることに助力して行く。