全国総合ランキング11位 紫竹ハイテクパークが躍進
2021-02-05 412

2012年科学技術部国家ハイテクパークの評価体系に納入されて以来、紫竹ハイテクパークは総合順位が年々上昇してきた。

先日、科学技術部トーチセンターが発表された「国家ハイテクパークの評価(試行)結果に関する通知」の中で、紫竹ハイテクパークは全国169のハイテクパークの中で2020年度の総合順位を再度上げて、第11位に躍り出て、9年の「8連跳び」を実現した。この総合ランキングは2019年のハイテクパーク統計データと発展状況をもとに評価審査を行れた。

2020年度国家ハイテクパークの評価結果の単一指標ランキングにおいて、紫竹ハイテクパークの「知識創造と技術革新能力」が14位、「産業進級と構造最適化能力」が8位、「国際化と世界競争力」は7位(2019年は22位)、「ハイテクパーク持続可能発展能力」が4位(2019年第11位)に躍り出た。評価ガイドによると、ハイテクパークは人材構造の最適化、技術協力と取引、高学歴人材と国際人材の集積、技術サービスの輸出などの面で際立っている。

ここ数年来、紫竹ハイテクパークの核心管理チーム及び関連職能部門の努力のもと、ハイテクパークは招商、施工建設、産業育成、商業環境とアフターサービスをメインラインにして、品質向上効果を高め、成長潜在力に注目し、長所と短所を補い、主な経済指標は引き続き高速成長を維持してる。紫竹は新エンジンとして、上海経済と産業の転換するために重要な役割を果たした。

現在、ハイエンド産業の集積効果が著しく、生態が盛んに発展し、産学研環境がますます優れ、プラチナ産業サービス体系が完備され、交通が日増しに発達し、革新駆動、機能が完備、産城融合の科学技術城がすでに現れた。

紫竹ハイテクパーク党委員会書記、駱山鷹副社長によると、紫竹ハイテクパークは引き続き新発展理念を先導し、科創中心の建設チャンスを掴んで、園区が革新駆動発展模範区と高品質発展先行区になるよう推進する。さらに孵化プラットフォームの建設、先導型科学技術企業の育成、ハイテク企業の海外進出などの面で強化と向上を行う。同時に、国際先進レベルを目標とし、経営環境を最適化し、「生態、人文、科学技術」の理念を体現し、「キャンパス、園区、コミュニティ」の三区連動と産城融合のハイテクパークを建設する。「十四五」の時期の発展戦略と措置を最適化し、園区の発展を助けて新たな優位を形成し、新たな飛躍を実現していこう。