新ラウンド「上海紫竹ハイテクパーク建設枠組み協定」の調印式が行われた
2023-03-10 245

2023年3月10日午前、閔行区人民政府、呉泾鎮人民政府、また上海紫竹ハイテクパーク(グループ)有限公司とは紫竹ハイテクパーク研修センターで上海市紫竹ハイテク産業開発区建設に関する枠組み協定(2023~2027年)の調印式が行われた。閔行区委員会副書記兼区長の陳華文氏、区委員会常務委員会委員副区長王翔陽氏、区委員会常務委員会委員副区長趙亮氏、呉泾鎮党委員会書記金海民氏、党委員会副書記兼町長王学政氏、紫竹ハイテクパーク理事長兼総経理沈雯氏、副理事長李彧氏、常務副総経理夏光氏、党委員会書記兼副総経理駱山鹰氏、陳衡副総経理、陸緯武氏、その他のハイテクパークの管理責任者が出席した。 式典は駱山鹰副総経理が 主催した。

式典では、駱氏が調印の関連状況を紹介した。 長い間、市、区、鎮政府の強力な支援を受けて、紫竹ハイテクパークは初心を忘れず、粘り強く前進し、常に紫竹の特色を生かした高品質な発展の道を堅持してきて、いい成績を収めていた。 ハイテクパークの全体的な建設目標と開発計画によると、次の建設課題はまだ非常につらい。 紫竹ハイテクパークの持続的かつ健全かつ迅速な発展を確立された目標に確実に達成するために、三者はイノベーションエコシステムの構築をさらに強化し、イノベーションエコシステムの構築を加速する新たな枠組み合意を作成した。紫竹研究開発基地と蘭香湖国際生態コミュニティ二期、呉泾地区の人民生活発展への支援を強化するなど、全方位的で広範囲な多層レベルの協力関係を正常化した。

そして、王向陽副区長、王学政鎮長、夏光執行副総経理が各単位を代表して「上海紫竹ハイテクパーク建設に関する枠組み協定(2023~2027年)」に共同署名した。 陳華文区長、金海民書記、沈雯会長、また紫竹ハイテクパークのリーダーたちが調印式に立ち会った。

最後に、陳華文区長はスピーチを発表した。紫竹は閔行区の名刺として、20年の建築を経て目覚ましい発展成果を遂げ、ハイテク産業集積、高品質のサポートを備えたオープンエリアに発展した。高品質の都市建設計画、洗練された管理レベル、国際戦略ビジョンを備えたハイテク産業開発区として、紫竹は閔行さらには上海の発展サンプルとなっている。

これまで三者間の協力は情熱、誠実、そして現実主義に満ちており、今回の枠組み合意の署名は紫竹ハイテクゾーンの建設における新たな段階を示し、閔行、呉泾、紫竹の発展に深い影響を与えるだろう。閔行区は紫竹ハイテクパークの取り組みを継続的に支援し、産業と都市の融合の高品質な発展を促進し、新しく美しい章を共同で書き上げるために全力を尽くします。