世晨材料技術革新センターの定礎式が紫竹ハイテク区で開催された
2023-04-27 473

2023年4月26日午前、世晨材料技術(上海)有限公司は革新センターの定礎式を行った。呉泾鎮党委員会書記金海民、党委員会副書記、鎮長王学政、紫竹副社長陸緯武、招商総監任曼、世華科学技術連合創始者、副社長の計建栄氏、共同創始者の呂剛氏らの指導者が起工式に出席し、共同で土を培い、基礎を築いた。金海民書記は挨拶の中で、今回の革新センター建設プロジェクトは世華会社の新たな発展の重要なシンボルと措置であるだけでなく、呉泾鎮、紫竹と世華科学技術の協力発展の重要なマイルストーンでもあり、当該せんたーの早期完成と使用開始を心から祈り、企業の質の高い発展を推進する新たな原動力になることを願っている。

世華科技は、イノベーションセンタープロジェクトは会社の科学技術革新能力と技術成果の転化能力を強化し、会社の製品のアップグレード、未来の新技術、新製品の研究開発に強力な技術サポートを提供し、プロジェクトも会社のグローバル化配置の核心的支点になると述べた。

呉泾の各機能部門、紫竹ハイテク区招商センター、工事センター、および世晨施工、設計などの部門責任者はこの歴史的意義のある時刻を共同で目撃した。

世華科学技術(SH 688093)は機能性材料の研究開発、生産及び販売に従事する国家級専門精密新「小巨人」企業、国家ハイテク企業であり、その機能性材料は接着特性、物理特性、化学特性、耐候性、光学性能などの機能次元を基礎とし、マトリックス化機能材料体系を形成し、主に電子複合機能材料、光電表示モジュール材料と精密プロセス応用材料。製品は消費電子、ウェアラブルデバイス、新エネルギー、スマート自動車、医療電子、新型表示などの業界に広く応用されている。

イノベーションセンタープロジェクトは、既存の研究開発システムとイノベーションメカニズムに立脚し、世界的な影響力を持つ科学技術イノベーションセンターとしての上海の立地優位性に依拠し、国際化された質の高い人材の導入、先進的な研究開発設備の投資、研究開発実験環境の最適化などの手段を通じて、材料科学者を主導とし、世界一流のプラットフォーム研究開発システムを構築し、最先端技術研究の需要を模索し、会社の科学イノベーションの実力を持続的に維持することを目的としている。

同センターは紫竹ハイテクパーク研究開発基地の第2期に位置し、敷地面積は14172.80平方メートル、総建築面積は37967.33平方メートルである。複合材料の研究開発プラットフォーム、接着剤とシーリングゴムの研究開発プラットフォーム、生物系材料の研究開発プラットフォーム、分析試験応用プラットフォームを含む全方位一体化の研究開発革新センターを建設する。プロジェクトの実施は会社の最先端技術の備蓄をさらに豊富にし、会社のコア競争力を強化し、会社の持続可能な発展を促進する。