紫竹ハイテクパーク行く 地下鉄15号線が開通
2021-01-23 340

2021年1月23日(土)朝5時30分、顧村公園行く地下鉄15番線は紫竹高新区駅から発車。朝、市民がこの線に乗り、その便利さを体験した。

15号線は紫竹高新区駅から顧村公園駅まで、途中閔行、徐匯、長寧、普陀、宝山などを経由し、9軒の大学、3つの国家級科創園区を連結して、全長43キロ、29駅があり、全部地下駅。

「海納百川・科学技術感」をテーマにした紫竹高新区駅は、蓮花南路の下にあり、東川路と広場路に接続する。南からの第一駅として、文化ステーションの中で科学技術感が溢れてる。

15号線は国内一番長い、最高等級(UTO)全自動無人運転の軌道交通線路である。開放式の運転室を通じ、乗客は運転感を体験できる。金色の車体は現代の雰囲気に満ちている。車内に設置されたスマートフォンの充電台、USB充電などは人間化の設計理念を体現してる。

15番線の通常運行時間は5:30から23:36まで。紫竹高新区駅と顧村公園駅の発車は5時30分で、終電は22時30分。