23 号線は実質的な建設段階に入ってから、紫竹ハイテクパークは 15 号線と 23 号線の複線式交通構成となった。
2022-09-19 243

2022 年 9 月 19 日午前、紫竹ハイテクパークに位置する地下鉄 23 号線の江川東路駅が先頭に立って、同線の第 1 段階の着工駅になった。これにより、23 号線の1 期が実質的な建設段階に入ったことを示す。

江川東路駅は虹梅南路と東川路の交差点の東側であり、紫竹半島花園に近い、東川路の南側と北側に2つの出入口が計画されている。開通後,紫竹半島花園を中心としての交通が非常に便利になっていく。同時に、周辺地域の開発も促進されている。

23 号線は徐匯区と閔行浜江線を貫いており、新しい都市線であり、閔行区と都市間の鉄道輸送サービスを強化し、南浦西の発展を促進する重要な一環である。23 号線は建設期間が 6 年、約 28.6 キロの地下線で、乗換駅 5 駅を含む 22 駅、平均駅間距離 1.34 キロである。 23号線は、閔行開発区、紫竹ハイテクパーク、呉泾鎮モデルチェンジ地域、徐匯河岸区などの重要なエリアを結び、それまでに紫竹ハイテクパークは15号線と23号線の複線交通構成となれる。