生態パークにテクノロジーの花を育成する--上海紫竹科学园区走访记
2003-07-07 602

トピック(视点导读)

これは数億元の生態投資である――出来上がった後、緑化率が50%以上を超えるパークの新鮮空気を吸いながら、川沿い大通りを散歩して、水上バスで黄浦江下り……上海の西南にテクノロジ―パークを「意外」に建設されている。これは上海に新登場の国家級ハイテク産業パーク――上海紫竹科学パークである。

去年の6月25日、紫竹科学パークが着工された。一期面積だけで13平方キロに達する大型テクノロジ―パークに対して、最初のインフラ建設は二三年かかることは普通だけと、唯一年間経ったのに、パークの道路網建設は最初の形が見られる。名門校、有名な会社はゆらゆらと揺れる木の葉、緑満ち溢れる道路に誘われ、この独特な「デジタル頭脳城」に入居した。

ビッグ生態パーク(好大一个生态园)

パークの中は埃が漂い、機器が煩いと想像したが、一昨日闵行区の南にある紫竹科学パークに入って見たら、美しい生態パークに踏込んだと感じている。

環状線はパークの「客迎え道」であり、両側の楠はまだ細いけど静かで香りを散発している。4車線道路の横に広い歩道があり、将来その両側に海棠、栀子花、蔓長春花等の緑化ベルトを造り、莘奉金高速道路の騒音を減少するために、水杉、合歓木、銀杏、桂、ハナズオウ、サルズベリ等の植物を植える。

パークに緑が多くて、水も多い。パークにあちこち行ったら、小橋と小河が視線に入る。卵円形の石が敷かれている幅10メートルもある岸で散歩できる。

「最初の企画から、「生態、人文、科学技術」を基本建設理念としている。テクノロジパークは人と自然の調和だ」とパークの責任者が説明した。快適な事業環境を作るためにパークは「超予算」で生態建設を行っている。パークは三つのエリアに分譲されている:大学パーク、R&Dセンター及びグリーンパークである。仕切りは壁の変わりに緑化ベルトか、川を利用している。「楽しい気持ちがあるだけで技術者は才能が発揮できる。」